UHAS.net 人間総合科学大学 華蓮会

設立10周年記念行事(式典・講演会)

2014年10月19日(日)に開催しました、式典と講演会の様子をお届けします。

来場者の方が着先されました。これから式典が開催されます。

大西会長がエスコートをして、ご来賓の方々が入場されました。

左から、学長・理事長 久住眞理先生、副学長 青木清先生、学部長 久住武先生、名誉教授 筒井末春先生、学科長 大東俊一先生です。

大西会長が感謝の気持を込めて、皆様に挨拶と御礼の言葉を述べました。

画面向って右側がご来賓の皆様。左側に役員が着席してます。

右側の席に、教員方々が着席されています。

全体風景です。

華蓮会の名誉会長の久住眞理学長先生から、「これから10年また20年、学校も頑張ります。皆さんもご健康をしっかりと守りながら、皆で幸福を味わいながら、希望を伝えていけたら有難いです。」と、お祝いの言葉を頂きました。

この式典のために、ご自宅の書棚から本を選び朗読して頂きました。『喜びは幸福とともにある 幸せだから笑うのではない 笑うから幸せなのだ』(アラン幸福論より)

「同窓会10年のあゆみ」の動画を放映しているところです。色々と思い出されます。

副学長の青木清先生より「皆さん、どうぞおさめた学識と経験を踏まえ、社会のためになることを期待したいと思います。」と、ご祝辞を頂きました。

学科長の大東俊一先生よりご祝辞を頂きました。動画「10周年のあゆみ」をご覧いただき、15年前の大学の設立からの事を思い出されたそうです。

学部長の久住武先生です。午前中にご予定が合ったそうですが、設立10周年のためにスケジュールを変更てお越しいただきました。お忙しいところ本当に有難うございました。

式典は全て終了して、ご来賓の方には、一旦退室して頂きました。この後は、筒井先生の記念講演となります。

筒井先生のご講演がはじまりました。

「依存」と「嗜癖」の違いについて、分かりやすくご説明いただきました。

来賓の皆様も真剣に耳を傾けられています。

会場の皆さん真剣に聞き入っていました。

2013年にDMS-4が19年ぶりに改定され、DMS-5になりました。また、ICD-10は2017年に改定を予定しており、ICD-11になるそうです。改定などは15年から20年はかかるそうなのです。

大学事務局の方が動画を撮影しています。貴重なご講演ですので必要ですよね。

会場の方も撮影されています。

一方、祝賀会会場では、着々と料理が到着してきています。

会場では講演中ですが、こちらは役員が準備を進めています。

資料に目を落としノートを取って、久しぶりの受講で刺激を受けます。

学長先生と青木先生もノートを取られていました。

常に新しい情報を取り入れられ、それを私たちに分かりやすく伝えてくださります。

一方、祝賀会会場では、下準備がまた続いています。

万世のかつサンド。

祝賀会会場では、理事の日野村さんと、会計の島田さんが主に準備をしてくださいました。

祝賀会の準備も整いました!

ご講演もそろそろ終わりに近づきます。貴重な内容で、書き留めたいことが多いです。

講演も終了しました。中山副会長より、感謝の花束をお渡しします。

時間通りに講演会が終了しましたが、まだまだ聞き足りない感じです。筒井先生ありがとうございました!

講演会終了後、会場では前列に椅子を並べ始めました。

これから集合写真を撮影します。

皆さん素敵な笑顔です。

これから祝賀会にうつります。続きは「祝賀会」に掲載しています。ご覧いただけましたら幸いです。

2014.12.30掲載

Copyright© 人間総合科学大学 華蓮会