平成29年度総会

2017年7月01日に東京サテライト(御茶ノ水)にて総会を開催しました。

当日の総会出席者は、会員本人の出席20名、委任状100通でした。参加した役員は7名です。

関東の会員さんが多い中、西は高知県や京都、北は北海道からお越しいただきました。

今年も名誉会長の久住学園長にお越しいただきました。

お忙しいところありがとうございます。学園長の笑顔で会場が明るくなりました。

中野博子先生の講演会です。

内閣府調査のデータをつかい、現状の高齢者の姿と取り巻く環境について説明して頂きました。

この研究は、地域の高齢者の方たちに「10分インタビュー」をしました。インタビューを実施したのは介護サービス施設で、 特養4施設の57名と老健(介護施設)3施設の71名です。

PGCモラール・スケール(Philadelphia Geriatric Center Morale Scale)は、Lawtonによって開発されたモラール(社会老年学で用いられると「幸福な老い」を表す概念として捉えられる)の測定尺度です。人生全体の満足感、老いについてなど調査する時に使われます。17項目で得点が高いと主観的幸福感が高いということになります。17項目で得点が高いと主観的幸福感が高いということになります。

愛情のネットワーク、アタッチメントの対象があるかどうかや、自分の心身の健康、人との繋がり(自分との関係が持てる繋がり)があることが大切。

 高齢者は、多くの場合に自分にとって大切なものを失っている。

 中野先生、素敵な講演を有難うございました。

いつまでもチャーミングな中野先生。またご講演頂けますとうれしいです。

懇親会では、中野先生と中山先生にご参加いただきました。

1期生、2期生など、先輩方も参加されての懇親会となりました。

新しく入会された方の頑張っていらっしゃるお話など、刺激になりました。

ご参加いただきました皆様、休日に足を運んで下さり、本当にありがとうございました。
皆さん、それぞれの生活があってお忙しくされているとおと思います。少し休憩して、勉学に励んでいた時を懐かしみ、同窓会行事に足をお運びいただければ幸いです。

拙い運営ですが、どうか皆さん見捨てないでくださいね。講演内容など充実させたいので、ご要望などありましたら、こちらまでドシドシお寄せ下さい!お待ちしてます。

2017.12.31掲載

Copyright© 人間総合科学大学 華蓮会